アトケアプロのヘッダー
アトピーでお悩みの方に人気のアトケアプロ
HOME | アトケアプロの解約はどんな手順で進めると良い?

アトケアプロの解約について

アトケアプロの解約

アトケアプロは薬局などで販売されているサプリメントになりますが、主に通信販売で手に入れる人が多い傾向にあります。
 
アトケアプロのサプリメントの特徴は、プロポリスが含まれておりアトピーの緩和につながる可能性があります。
 
アトピー患者は年々増えており、日夜かゆみと戦っていますのでそれを止めるべく解約されたサプリメントです。

カプセルのサプリメントで毎日飲み続けることが重要になるでしょう。
 
よく、どの時間にのまなければならないか疑問に感じる人がいるかもしれません。
 
ですが、実際にどの時間帯にのまなければならないといって決まりはありませんので、好きな時間に飲んでよいです。
 
気になる人は、食事の後に飲むのがよいかもしれません。
 
少なくとも、食事の後にもなれば消化されやすい傾向が出てくるからです。
 

どのくらいで変化を感じるか?

変化を感じた場合

このような商品を利用した時に、どの程度変化が出るかが問題になりますが、人によって体質は異なるものの、1か月間使った程度では半分ぐらいの人しか体感することができませんでした。
 
つまり、体質が変わったり体の変化を明確に感じることができた人は半分だけになります。
 
これに対して、4カ月間続けた人の中では、およそ半分近くの人が何らかの変化を感じたといいます。
 
つまり、最初の1か月間程度ではわかりませんが、飲み続けることで確実に何らかの変化を感じる人が出てくるわけです。
 
そうだとすれば、最低でも4カ月間程度を続けることで何らかの違いを感じることができるかもしれません。
 
ところが残念ながらおためしセットは500円で購入ができるにもかかわらず、4カ月続けることができない内容になっています。
 
つまり、おためしセットだけでは到底体感することができないといえるでしょう。

ですが普通に考えて、4カ月間もされるおためしセットがあるわけがありません。
 
そのような企画をした時点で、会社は赤字になってしまうでしょう。
 
2週間から1か月以内で飲みきってしまう量がおためしセットの限界といます。
 
実際に契約をするかどうかを決めるには不十分な期間といえますが、もし気に入った場合はそのまま本格的会員になり継続的な契約をしてみるのが良いです。
 
ただ、やはり人によっては彼らの変化を感じない人もいますので、数カ月経過しても変化を感じないと考えているならば、契約を解除する以外に方法はありません。
 

実際に解約を決めたらこちらの手順で

アトケアプロの解約手順

効果を感じることが出来ず、通販での定期購入を解除する場合にはどのような手順に従ったがよいかを知っておくと便利になります。

解約をする場合には、サイトのログイン画面を開いてそこからお客様サポートページに入るようにするとよいです。
 
ログインをすると画面の左下に退会手続きと書かれているところがあります。
 
ですが、そこをクリックしてみても退会することができません。
 
「定期購入契約中のため退会ができません」と表示されるでしょう。
 
そこで別の方法を試す必要がありますが、サポートページから休止・解約に進みます。
 
そうするとその中に条件が書かれており、3回目のお届けが終わってから解約できるようになるわけです。

3回目の配送が完了する前に解約することもできますが、1回目と2回目の場合は割引きを受けていることになりますのでその分だけ差額分を支払わなければならなくなります。
 
わざわざ差額分を支払って契約を取りやめるならば、3回目の発送が完了してから契約を解除した方がよいでしょう。

解約をする場合にはセルフCheckを回答しなければなりません。
 
セルフCheckのところではいくつかの質問に答えていくだけです。
 
このチェックをすることで、実際に利用してみてどのような反応があったかを調べていることになります。

インターネット以外で契約をやめる場合には、サポートセンターに電話をする方法もあります。
 
サポートセンターに電話をする場合には、インターネット上にお問い合わせのページがありそこから電話番号を調べることができるでしょう。

ただ、24時間対応しているかといえばそのようなことはなく、24時間対応しているのはメールだけです。
 
もちろんメールは24時間いつでも返事が来るわけではなく、メールを受信Boxに受け付けているだけで返事が来るのはやはり営業時間になります。

電話をする場合には、平日の午前10:00から午後7:00まで受け付けていますので、その時間内にする必要があります。
 
土曜日や日曜日に問い合わせをしたい場合には、残念ながら電話に出る人がいませんのでmailに頼った方がよいでしょう。
 
次の週の月曜日あるいは一番最初に営業する日にメールが返ってくる可能性が高いです。
 
解約するときのポイントですが、契約を解除する場合にはその理由を聞かれます。
 
そのため理由を考えておいた方がよいでしょう。
 
もちろん理由が明確でないと契約を解除できないようなことはありませんので、そこまで神経質になる必要がありませんが、しっかりとした理由でこたえたいものです。